Skip to main content
ปิด

ค้นหาแพทย์

ไม่แน่ใจว่าคุณรู้สึกอย่างไร ?

คุณสามารถ นัดหมายแพทย์ โดยไม่ต้องค้นหาแพทย์

การนัดหมายแพทย์นี้ ไม่เหมาะสมในกรณีจำเป็นฉุกเฉิน
และไม่สามารถทำในวันเดียวกันกับวันเข้าพบแพทย์
ในกรณีฉุกเฉินโปรดติดต่อผ่านเบอร์โทรศัพท์ +662 310 3000 หรือ 1719 (เบอร์ติดต่อท้องถิ่น)
CLOSE
 
ปิด
ค้นหาแพทย์
นัดหมายแพทย์
ศูนย์แจ้งเตือน
หน้าหลัก
ศูนย์รักษาโรค
ข้อมูลสำหรับผู้ป่วย
ข้อมูลสุขภาพ
เกี่ยวกับเรา
ซื้อโปรโมชั่นแพคเกจออนไลน์
ปิด

老化による骨粗鬆症と骨折

elderly, osteoporosis, fracture

 

骨粗鬆症は高齢者の日常生活に大きな障害となる健康問題です。骨粗鬆症は特徴的な症状がないため、気付かないうちに進行し、老化により骨が劣化します。そのため、高齢者が転倒した際に骨折をするリスクが非常に高くなります。

 

骨粗鬆症の危険性

骨粗鬆症は骨多孔症とも呼ばれ、老化によって骨に孔ができることで骨密度や強度が減少する病気で、ちょっとしたことで骨折したことが原因で見つかることケースが多いあります。また、高齢者は再び転倒をして骨折をするリスクが高く、骨折の重度と部位によって治療方法が違うため、とても複雑です。転倒による怪我がひどい場合は自立した生活ができず、生活の質が低下するだけでなく、寝たきりになったり、亡くなってしまうケースもあります。骨粗鬆症による骨折は脊椎圧迫骨折と呼ばれ、脊椎で多く見られます。一方、生命に危険がない手や手首のような軽度の骨折もあります。しかし、股関節を骨折した場合は95%の患者さんが股関節置換術の手術が必要となります。注意しなければいけないのは転倒後一年以内に、高齢者の20%が亡くなり、30%が寝たきりになり、40%が歩けなくなってしまうことです。また、約80%のケースで臓器の機能不全が見られます。通常の生活を送ることができるのは20%の患者さんだけで、転倒後一年の経過はとても重要な期間として考えられています。寝たきりの状態になると心臓や肺の機能が低下したり、尿道カテーテルによる尿路感染と排尿に障害が見られます。また、長期間寝たきりになるとベッドからの圧力により褥瘡(床ずれ)が起こり、患者さんによっては錯乱状態になったり、識別能力の低下のような脳の機能に異常が見られ、再び転倒して骨折をするリスクが高くなります。

 

骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症による骨折は予防が可能で、次のような生活習慣が推奨されています。

  • ステロイド系の薬を長期間、服用をしない
  • 適切な量のカルシウムを含んだ食物を十分に摂取する
  • 定期的に運動をする
  • アルコールの摂取制限と禁煙
  • 年に1〜2回は定期的に骨密度などの骨の検査を受ける(骨粗鬆症が見つかった場合は、カルシウム、ビタミンD、新しい骨の成長や骨密度の上昇を刺激する副甲状腺ホルモン剤の内服治療)

 

高齢者の転倒の危険因子

高齢者の転倒の危険因子は、老化、体力低下、膝関節炎、視力低下、認知機能の低下、感覚障害、睡眠導入剤などの特定の薬の服用があげられます。また、住環境も転倒に大きく関与します。夜間にトイレに行く時によく転倒するケースがあるため、滑り止めのマットを敷いたり、階段やトイレなどの転倒しやすい場所の照明を明るくしたり、手すりを取り付けるなどの工夫が必要です。

低侵襲性のプレートを用いた骨接合術 (MIPO)による骨折の治療

高齢者の重度の骨折は感染症や血栓(血管の中で血液が固まり、血液の循環が低下して血管が詰まってしまうこと)などの合併症のリスクを回避するために48時間以内に手術が必要です。

低侵襲性のプレートを用いた骨接合術 (MIPO)は骨折治療の新しい治療法です。この手術では今までのように大きく切開をする必要がなく、小さく切開した場所から手術器具と骨を固定するプレートを挿入し、骨折部位の上に置かれたプレートは外科用のネジで固定されます。手術中は骨折箇所と周辺の組織、神経、筋肉を3次元画像でリアルタイムに映し出す最新のロボット画像システム、”ARTIS pheno”を使用し、手術の精度を向上させ、正常な箇所へのダメージを最小限に抑えて、短時間の手術を可能にします。

切開口が小さいため、痛み、出血量が少なく、感染症などの術後の合併症のリスクも低下します。さらに、この手法は正常な組織と骨折の治癒を促進する骨膜の循環のダメージが最小限に抑えられるため、入院日数も少なく、早期回復が可能となります。

骨折患者を治療する際に一番気をつけなければいけないこと

  • 耐久性のある正確な外科用ネジ、プレート、器具の使用
  • 安全かつ早期治癒のために正常な組織、血管、筋肉のような骨折箇所の周辺部位の保護
  • 整形外科用ギプスの使用を回避するための早期の運動療法の開始

 

参照:Dr. Sombat Rojviroj(整形外科医・バンコク国際病院整形外科センター)