Skip to main content
CLOSE

FIND DOCTORS

Not sure how you feel ?

You can make appointment without select a doctor

This appointment is not valid for emergency situation
and cannot be made for same-day visits.
For medical emergency please call +662 310 3000 or 1719 (Local calls)
CLOSE
 
CLOSE
FIND DOCTORS
MAKE AN APPOINTMENT
Alarm center & referral
Home
Centers & Clinics
Patient Care
Health Expert
About us
ONLINE SHOPPING
CLOSE

スポーツ傷害は正しい治療と予防により短期間での回復が可能です。

Sport injuries are treatable

スポーツは近年の健康志向のライフスタイルにおいてとても重要です。しかし、運動による怪我は症状に関わらず、かなりの頻度で発生し、ゼロにすることは不可能です。

これらの運動中や試合中の怪我は、基礎体力の強化や怪我の予防・治療を目的とした“スポーツ医学”と呼ばれる専門領域が治療にあたります。

正しく運動をするためには心肺機能や筋肉、体の柔軟性、体幹など基礎体力の強化など、各個人の身体機能に合った最適なプログラムの構成が必要となります。経験豊富な専門医と様々なスポーツ医学の専門家のチームによる個人カウンセリングをお勧めします。

 

スポーツ傷害の種類

それぞれのスポーツで怪我の箇所や治療方法が異なるため、スポーツ医学はアスリートやスポーツを楽しむ人たちに大きなメリットをもたらす医療分野として、その価値はますます重要になってきています。スポーツは接触プレーのレベルに応じて以下の2つに大別されます。

 

1:サッカー、バスケットボール、ラグビーのような接触プレーがあるスポーツ

おもな傷害:筋肉や腱の断裂・骨折

 

2:ランニング、水泳、バドミントン、テニス、ゴルフのような接触プレーがないスポーツ

おもな傷害:ゴルフのように体の特定部位を何度も酷使したり、テニスやバドミントンのようにラケットを一方の腕だけで持ち続けることで起こる筋肉や腱、関節の炎症

 

故障箇所

接触プレーの有無に関わらず、共通の怪我がみられます。

 

  1. 筋肉:肉離れ、炎症、断裂
  2. 腱・靭帯・関節:腱炎、捻挫(靭帯の損傷や断裂)、挫傷(腱の損傷や断裂)、関節の脱臼
  3. 骨:骨折

 

บาดเจ็บ, บาดเจ็บจากกีฬา, บาดเจ็บจากกีฬา หมอ, บาดเจ็บจากการเล่นกีฬา, บาดเจ็บจากการออกกำลังกาย

 

治療の選択肢

スポーツ傷害は怪我の種類や程度によって内服治療からリハビリテーション、手術と様々な治療法があります。一つの治療法だけで対処するだけでなく、場合によっては手術とリハビリテーションなど複数の治療を組み合わせることもあります。一番重要なことは、ひとりひとり症状が異なるため、自分に合った方法で治療をおこなうことです。また、標的療法は損傷した箇所だけを正確に治療し、正常な周辺組織や器官へのダメージを最低限に抑えることが可能です。スポーツ傷害でのおもな標的療法は内視鏡による低侵襲性の外科治療で、私たちBangkok Academy of Sports and Exercise Medicine (BASEM)では最新の医療技術を持った専門医と様々なスポーツ医学の専門家によるチームが治療にあたっています。また、下記の全ての条件を満たしているため、国際サッカー連盟 (FIFA) からFIFA国際医療拠点として認定されています。

  • FIFAに認定されたスポーツ医学の専門医
  • 代表選手やプロ選手、クラブ選手のための包括的治療プログラム
  • サッカーに対する正しい知識およびトレーニングプログラム
  • サッカー選手の怪我を予防するFIFA11+プログラム
  • 基礎体力を強化する健康促進プログラム
  • 国際的な交流と学術活動

 

スポーツ傷害の予防

スポーツ傷害は効果的な治療法やリハビリテーションの進化で完治が可能になりましたが、正しい知識を持って用心することで怪我を回避することができます。怪我の予防は大きく分けて2つがあります。

自己管理による予防:

練習前後のストレッチは筋肉の収縮や機能を向上させ、怪我のリスクを軽減させます。

BASEMでは一般にスポーツを楽しむ方から高齢者の方を対象にした、運動を始める前に身体と健康状態を総合的にフィットネス評価をする“Fit for Play”というプログラムがあります。このプログラムで身体機能がやりたいスポーツに必要とされるレベルに達していないという評価が出た場合は、個別に身体機能の強化や筋肉の耐久性を上げるプログラムがあり、ひとりひとりが挑戦したいスポーツが出来るようにサポートをしています。

一方、プロ選手用には“Fit for Performance”という個々の健康状態と身体機能をあらゆる視点から測定し、試合を通じて身体機能の強化を目的とするプログラムがあります。

フィットネス評価には以下の5つのパラメーターがあります。

  1. 心肺機能:持続性が必要なスポーツをしている際に骨格筋へ酸素を供給する循環器や呼吸器システムの評価
  2. 筋力:1回の運動で最大の力を生み出す瞬発力の評価
  3. 筋持久力:長時間の運動で繰り返される持続的な筋肉の収縮機能の評価
  4. 身体組成:脂肪と除脂肪量の割合の評価
  5. 柔軟性:関節の可動域と関節の周辺部を動かす筋肉の可動性の評価

外的および環境要因による予防:

外的要因により起こるスポーツ傷害は次のようなことを心がけることで予防することができます。

  • 防御パッド、ヘルメット、シューズ、マウスピースのような体を保護する器具の装着
  • 換気、照明が十分な環境による熱中症対策

 

スポーツをする前後や運動中に全ての注意事項を厳守すれば、怪我のリスクは大きく減るでしょう。しかし、怪我をしてしまった場合はできるだけ早く経験豊富なスポーツ医学の専門医に診察をしてもらいましょう。早期の診断は常に治療の成功率を上昇させます。膝や肩の手術は怖い、リスクが高いというのは昔の話で、大きく進化した現在の技術は診断の精度を向上させるだけでなく、治療の効果や安全性、リハビリテーションによる回復も向上させています。より重要なことは、スポーツをする人たちが試合だけでなく日常生活にも早く復帰ができるようになったことです。

 

Dr. Pornthep Mamanee. 

整形外科医

Bangkok Academy of Sports and Exercise Medicine (BASEM) 医長


詳しくは下記の連絡先にお問い合わせください。

Bangkok Academy of Sports and Exercise Medicine (BASEM)

Tel: +662 310 3979, +662 310 3980 or 1719 (市内通話)