Skip to main content
CLOSE

FIND DOCTORS

Not sure how you feel ?

You can make appointment without select a doctor

This appointment is not valid for emergency situation
and cannot be made for same-day visits.
For medical emergency please call +662 310 3000 or 1719 (Local calls)
CLOSE
 
CLOSE
FIND DOCTORS
MAKE AN APPOINTMENT
Alarm center & referral
Home
Centers & Clinics
Patient Care
Health Expert
About us
ONLINE SHOPPING
CLOSE

Disease &
Treatment

カテーテル閉鎖術による心房中隔欠損症(ASD)の治療

  心房中隔欠損症(ASD)は中隔とよばれる心臓の左心房と右心房を隔てる壁に欠損孔と呼ばれる穴が空く先天的な心臓疾患で、新生児だけでなく成人になって見つかることもあります。小さな欠損孔でははっきりとした症状や徴候がなく、健康診断の際に偶然に見つかることがあります。成人では、ある一定の年齢になると症状や徴候が現れることがあり、幼少時に高頻度で患った肺の感染症、心肥大、息切れ、運動後の倦怠感、動悸があげられます。この状態を放置すると、動悸は不整脈や完治には手遅れとなる心筋細胞などの壊疽、心不全のような重大な症状を誘発します。 小さな徴候に気づいて、…

大動脈弁狭窄症の低侵襲性治療:経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)

  大動脈弁狭窄症は変性心臓弁膜疾患の一つで、大動脈弁閉鎖不全症やリウマチ性心疾患を除いては最も患者数が多く、深刻な心臓弁疾患のひとつです。最近では変性心臓弁膜症の症例数は増え続け、特に加齢に伴う弁の変性により高齢者での発症が報告されています。また、高血圧や糖尿病、高脂血症とともに喫煙などの生活習慣が心臓弁の機能を悪化させる危険因子として考えられています。   変性心臓弁膜症 心臓弁の変性は脂質の沈着や石灰化した結節の形成によって起こります。弁の石灰化はカルシウムの蓄積、先端部の硬化により大動脈弁の狭窄を引き起こします。また、弁の柔軟性が失われ、…

多発性骨髄腫

  多発性骨髄腫について   多発性骨髄腫は形質細胞と呼ばれる白血球の一種ががん化してしまう病気です。形質細胞のおもな働きは抗体や免疫グロブリンを作り出すことで、細菌を認識して攻撃する抗体を作ることで私たちの体を感染から守っています。多発性骨髄腫は健康な血液細胞が集まる骨髄にがん細胞を増殖させます。 正常時、骨髄の中で作られる形質細胞の量は2~3%ですが、多発性骨髄腫を発病すると10%を超え、免疫グロブリンの産生に異常がみられ、骨粗鬆症や骨折、腎不全、体内のカルシウムの上昇などの異常を引き起こします。これらの異常はMタンパク(モノクローナルタンパク)と呼ばれる異常なタンパク質によるもので、…

脳血管障害って何?

    脳血管障害のリスクはどんなもの?   20%が脳の血管が破れる”出血性の障害”です。 80%が脳の血管が詰まる”虚血性の障害”です。   脳血管障害のリスクファクター 脳血栓のリスクファクターには加齢、高血圧、糖尿病、高脂血症、禁煙、アルコール摂取、血管疾患があります。 脳塞栓のリスクファクターには不整脈、心臓弁の障害、心筋梗塞(心臓発作)、心不全、心臓の肥大などの循環器疾患があります。 出血性脳卒中のリスクファクターはおもに高血圧です。   脳血管障害は早めに症状の察知することで的確な治療が可能となり、麻痺などの後遺症のリスクを低下させることができます。…

スポーツ傷害は正しい治療と予防により短期間での回復が可能です。

スポーツは近年の健康志向のライフスタイルにおいてとても重要です。しかし、運動による怪我は症状に関わらず、かなりの頻度で発生し、ゼロにすることは不可能です。 これらの運動中や試合中の怪我は、基礎体力の強化や怪我の予防・治療を目的とした“スポーツ医学”と呼ばれる専門領域が治療にあたります。 正しく運動をするためには心肺機能や筋肉、体の柔軟性、体幹など基礎体力の強化など、各個人の身体機能に合った最適なプログラムの構成が必要となります。経験豊富な専門医と様々なスポーツ医学の専門家のチームによる個人カウンセリングをお勧めします。   スポーツ傷害の種類…